【秋芳洞闇のロマン探検】特別な時間の特別な空間

実施基準及び料金について
種別 実施日 実施基準 料金
個人客 毎週
土曜日
同一日に合計4名以上の申し込みのあった場合のみ。
4月~11月の期間内とする。(但し、GW・盆等繁忙期及びイベント実施日を除く。)
秋芳洞
入洞料
団体客 通年 10名以上の団体での予約があった場合のみ。
一般入洞時間が終了した午後7時から、照明を消した暗闇の秋芳洞を懐中電灯1本で歩く夜の探検コースです。
ガイドの先導で洞くつを歩き昼間より一層神秘的な眺めが楽しめ、探検ムードの中、コウモリや洞くつ性生物を発見することもあります。
1週間前までに要予約。
懐中電灯は受付で貸し出します。
闇のロマン探検所要時間 約1時間
= 予約先 =
美祢市総合観光部 秋吉台観光交流センター
TEL 0837-62-0305 FAX 0837-62-1422
E-mail kankousoumu@city.mine.lg.jp

秋芳洞闇のロマン探検秋芳洞闇のロマン探検秋芳洞闇のロマン探検

秋芳洞闇のロマン探検
闇のロマン探検はじまり
闇のロマン探検はじまり
さあ、いよいよ闇のロマン探検のはじまりです。一般のお客さんがいなくなった午後7時、入口の薄暗さが残る「青天井」付近です。
どんな探検ができるのか、ドキドキ・ワクワクです!
百枚皿
百枚皿
すでに明かりは懐中電灯のみ。
名所の「百枚皿」も、照明がないと写真のような感じです。すごく神秘的で、仲の良い二人は、しっとりとなっています。
これも“闇のロマン探検”の醍醐味の 一つです。
洞内生物発見!
広庭
「洞内富士」がある広庭付近です。
ふと振り返ると、天井の割れ目がくっきりと見えています。懐中電灯で照らすと、それはまるで大きな生き物のように見えてきます。。
洞内生物発見!
洞内生物発見!
歩道からすぐそばの水たまりで、洞くつに住む目が退化したエビ(シコクヨコエビ)を発見しました!思わず二人で指差し、“発見したよ~”って大声で叫んでしまいました。
会える確率は大です。
暗闇を進むⅠ
暗闇を進むⅠ
洞内に架かる橋を進みます。
本当に回りは真っ暗闇なので、懐中電灯だけが頼りです。先頭を行く人は、とても勇気がいるかもしれません。
黄金柱
黄金柱
超有名な「黄金柱」です。
いつもはきれにライトアップされていますが、真っ暗闇では、みんなの懐中電灯が照明代わり。柱の脇や奥を、好奇心に任せて探検!探検!いろいろな角度から「黄金柱」を楽しむことができます。
暗闇を進むⅡ
暗闇を進むⅡ
いよいよ終盤。
真っ暗な空間で両側にせまる岩壁を進むと、まるで冒険家の気分です。
気を抜いて歩いていると、壁の出っ張りに頭をぶつけるかも。
終点
終点
一般観光コースでは、このまま進むと黒谷口に出られますが、「闇のロマン探検」では、ここが終点。帰り道は、洞内の照明をつけます。それまでの真っ暗闇と比較しながらお帰りください。

秋芳洞闇のロマン探検